最新技術を使った小顔になる方法【痛みを最小限に抑える】

希望のフェイスラインに

顔に触れる女性

他の治療法との違い

小顔になる方法はいくつかありますが、最近ではメスを使わないタイプのものの人気が高くなってきています。そのひとつが脂肪溶解剤を注射する方法で顔痩せ注射と呼ばれています。この方法は通常のダイエットでは難しい部分痩せができるということが特徴です。ダイエットを行うと体重が落とせて体脂肪率を低くすることはできても、希望通りのラインに仕上げることは難しくなります。ふっくらとして欲しいところが痩せてしまったり、痩せてほしいところのお肉は落ちないままだったりという結果になってしまうことがよくあります。その点で顔痩せ注射を使って小顔になる方法はある程度は希望に沿ったフェイスラインに近づけることができます。顔は体の中の他の部位に比べて筋肉が少なく痩せにくいという部位なので、自分の力だけでは、希望通りのフェイスラインにすることが困難になります。美容外科を受診して顔痩せ注射を使えば、脂肪の分解作用だけでなく、肌の引き締め作用、リンパ循環作用という3つの効果が期待できます。リンパの流れが滞るとむくみの原因になると言われているので、顔痩せ注射の使用により顔のむくみの改善にもつながります。そして血流がよくなることで、薬剤により脂肪を溶かした成分や老廃物の排出を促します。こういった効果が期待できるのは顔痩せ注射だけで、小顔になる方法を探しているけれどメスは使いたくないという人に最適です。さらに今までは脂肪溶解剤を使用した治療は成果がでるまでに2〜3週間かかっていたのが、今は3日で効果があらわれる薬剤も販売されています。小顔になる方法は沢山ありますが、大きくわけて治療をした後に元の状態に戻るものと戻らないものとに分けられます。元の状態に戻るというのは、薬の効果が切れると元通りになるものや、時間が経つと脂肪がついてしまうなどして元の状態に戻る可能性があるものとがあります。元に戻らないものは骨を削ったりして体の骨格そのものを変えてしまう治療法です。治療の仕方によっては元の状態に戻せることもありますが、小顔になる方法として骨を削ってしまった場合には、元に戻すことができません。そのため、治療を開始する前には十分に時間をかけて施術を受けるかどうかの決断をする必要があります。元に戻るタイプのものはボトックスなど効果が一定期間だけのものや、顔痩せ注射のように脂肪を溶解させる作用で小顔に近づけるものになります。これらの特徴は一度治療を行っても元の顔に戻せるので気軽に行うことができることです。顔痩せ注射はボトックスのように時間が経つと自然と戻るわけではありませんが、脂肪が少なくなっただけなので、もう一度脂肪がつけば元の顔に戻ります。顔に脂肪がつかないように気をつけて生活をしていれば、治療後の状態を維持することもできます。また痛みが少ない治療だということも特徴で注射をする時に痛みを感じることはありますが、大きな手術を行う必要がないので、治療後の痛みも最小限で済みます。金額的にも手術を行う必要がないので、安価になることがほとんどです。小顔になる方法を一度試してみたいと思う人にはおすすめの方法です。

Copyright© 2018 最新技術を使った小顔になる方法【痛みを最小限に抑える】 All Rights Reserved.